痛風予防したいなら毎日ヘルスケア【健康一番・予防一番】

過剰摂取が危険な成分

笑顔

原因と避けたい行為

体内に摂取される成分の中には、体の機能に役立つものが多くあります。その一方で過剰摂取すると、本来の使われ方では無い弊害を招く場合も挙げられます。痛風の原因に挙げられるプリン体も、適度な摂取が良いとされる成分の1つです。そもそもプリン体は体内でDNAの材料となる事が知られており、生物に不可欠な成分と位置付けられています。そして使われなくなったプリン体は体内で分解されて尿酸と呼ばれる成分になり、主に尿から体外排出される事になります。この摂取と排出の均衡が崩れ、尿酸が排出し切れずに体内に溜まった状態が長期間続くと、痛風を発症しやすい事が知られています。したがってプリン体過剰摂取は痛風の原因に繋がるため、予防のために摂取制限が求められる、という事になります。

主な症状と取るべき行動

痛風は血液中で増えた尿酸が集まって針の様に結晶化し、その結晶が関節を刺激する事で痛みを感じるという自覚症状があります。刺激されるのは主に足の親指を中心にした下半身の関節が挙げられ、最初の痛みから24時間程度で症状がピークに達するとされます。予防に繋がる肝心な手段が、プリン体摂取および血液中尿酸値の減少です。プリン体はビールや、動物および魚の内臓や干物に多く含まれる事が知られており、摂り過ぎに注意が必要です。またアルコール摂取は尿酸値を上げやすい行為の1つに挙げられているため、避けたい行為と言われています。また予防のためには血液中で尿酸が結晶化しづらい様にする事も重要とされます。そのためには尿酸濃度を減らし、血液を酸性からアルカリ性へ近づける事が必要だとされます。こまめな水分摂取と、緑黄色野菜や海草、ゴボウなどを食べると、結晶化の予防に効果がある事が分かっています。

肝臓が気になる方に

サプリメント

まだまだその秘めたる力が隠されていると言われているオルニチンです。肝臓にアプローチすることにより、疲労回復や「朝の目覚めが良くなった」「肌の調子が良くなった」など様々な変化を感じることが出来得る成分です。一度試してみては如何でしょうか。

詳細を確認する...

贅沢に気をつけた生活を

男性

脂肪肝は、贅沢な食習慣と、便利な世の中が作り上げた悪循環病かも知れません。運動不足、脂肪の多い食事、不規則な生活、アルコールの多飲、脂肪肝を発症する原因は、至るところに転がっているのです。いかにして、健康な肝臓を保つかは、自分の心がけひとつによるものなのです。

詳細を確認する...

物忘れを予防する健康食品

さぷり

オメガエイドを摂取して健康を維持する事が人気になっており、脳の活動を高めて、物忘れを防ぐ事ができるため評判が良いです。オメガエイドにはオメガ脂肪酸と呼ばれる、健康に役立つ成分が含まれているためオススメです。

詳細を確認する...